世界銀行欧州・中央アジアインフラ担当地域局長がトビリシ・シルクロード・フォーラムに出演

Agenda.ge

世界銀行のヨーロッパ・中央アジアインフラ地域ディレクターであるチャールズ・J・コーミエ氏は、木曜から金曜までジョージアの首都で開催される第4回トビリシ・シルクロード・フォーラムに出演する予定だ。

コーミエ氏は、国際的なモデレーターでジャーナリストのニシャ・ピライ氏が率いる予定の、「世界の成長のための意味のある接続性の実現」と題したパネルディスカッションに参加します。

このフォーラムは、トビリシ・オペラ・バレエ国立劇場での式典で、ジョージア、アゼルバイジャン、アルメニア、モンテネグロの首相によって開会される。

欧州およびアジア諸国の政府高官、副首相、経済大臣がパネルセッションに参加します。外交団や、金融機関や寄付団体を含む国際機関の代表も参加する予定だ。

フォーラムには60カ国から最大2,000人の代表者が出席し、世界的な経済課題、その解決方法、接続性のための協力の側面と展望について議論する。

ジョージアのレヴァン・ダヴィタシビリ経済大臣は月曜日、フォーラムの多数の参加者はジョージアとその経済動向が「多くの国にとって興味深い」ことを示していると述べた。

ダヴィタシビリ氏は、今年のフォーラムのテーマは「今日を繋ぐ、レジリエントな明日」であると述べた。

接続 – このトピックは近年関連性が高まっています。地政学的な状況により、ジョージア州の輸送と物流の可能性が世界的に注目される中、フォーラムの主なテーマは接続性である」と同氏は述べた。

ダヴィタシビリ氏は、南コーカサス、ペルシャ湾、米国、中国の国々から数十人の大手企業の代表がフォーラムに参加し、BBC、ブルームバーグ、DWの「一流ジャーナリスト」がパネルディスカッションの司会を務めると述べた。

経済省は、フォーラム初日には10のセッションが開催され、2日目はジョージア州の投資機会に関する議論とB2B会議に使用されると述べた。

ジョージアのイラクリ・ガリバシビリ首相によって設立されたこのフォーラムの第1回目は、2015年にトビリシで開催されました。