副首相: 政府はジョージアが軍事紛争に関与することを許可しません

Agenda.ge

Georgia’s Vice Prime Minister Thea Tsulukiani on Saturday to…

ジョージアのテア・ツルキアニ副首相は土曜日、メディアに対し、ジョージア政府は同国が軍事衝突に関与することを許可しないと語った。

ジョージアを軍事紛争に巻き込もうとする試みが「さまざまな形で」継続していることは「遺憾である」とツルキアニは、ジョージアがブク・ミサイル・システムをウクライナに移管することを「拒否」したことについて、ウクライナ大統領顧問のミハイロ・ポドリャクが行ったコメントに応えて述べた。キエフは、ジョージア政府は「(進行中のロシアとウクライナの戦争で)誰の側につくべきかを理解していなかった」と述べた。

副首相は、この問題に関する政府の主な立場であると強調し、国は紛争のいずれの側にも軍事援助を提供しないと述べた。ジョージアは「あまりにも多くの戦争」を経験しており、国の将来のために平和を維持することは当局の責任であると彼女は付け加えた。

ツルキアニは、ウクライナで進行中の戦争が、国とその国民の勝利により、すぐに終結することへの希望を表明した。