米国大使は、進行中の戦争の中でウクライナに対するジョージアの支援を強調

Agenda.ge

Kelly Degnan, the United States Ambassador to Georgia, on Mo…

ジョージアの米国大使であるケリー・デグナンは月曜日、ジョージアは、進行中のロシアのウクライナ侵略においてウクライナを支援するために「多くのことを行った」と述べ、特にジョージア当局によって提供された支援の人道的側面に言及した。

この問題に関する彼女の発言の中で、デグナンは、2008年の州間の戦争以来、ロシアが国の領土の5分の1を継続的に占領しているという文脈で、ジョージアの「微妙な状況」が広く理解されていると述べた。

ジョージアは国際フォーラムで投票することにより、特に人道分野で多くのことを行ってきました。重要なことは、各国が何をするのが快適かを決定することです。ウクライナ侵攻。

「あなたの領土の20%がロシアに占領されているため、ジョージアが置かれているデリケートな状況を誰もがよく知っています。それが文脈であり、私たちはジョージアとウクライナに、これらの問題について非公開で話し合うよう再度促します」と彼女は指摘しました。

大使のコメントは、敵対行為の勃発以来ジョージア政府からの支援が欠如しているとされるウクライナ当局者の一連の声明に続くものであり、ジョージア当局が武器提供を通じてウクライナの戦争遂行を支援することを拒否したという彼らの主張も含まれている。

後者の主張に対し、ジョージア議会の外交委員会委員長であるニコロズ・サムハラゼは今月初め、政府は「非常に明確に」そして「最初から」、ウクライナへの支援に関する立場を、武器」を国に。

ジョージア議会の高官は、武器の提供に関する公式のトビリシの立場は変わらないと強調し、ツヒンバリのジョージア地域の継続的なロシアの占領のために、国は「誰にも武器を引き渡す立場にない」と指摘した(南オセチア)とアブハジア。