観光局、シルクロードフォーラムに参加する国際メディア向けにジョージアのプロモーションツアーを主催

Agenda.ge

ジョージア政府観光局は、今週のトビリシ・シルクロード・フォーラムに参加した米国、スペイン、ブルガリア、カタール、インドの国際メディアの代表者向けに同国のプロモーションツアーを主催すると同局が土曜日に発表した。

政権はメディア関係者をジョージアの首都トビリシと東部のワイン産地カヘティに招待し、国民料理とワインを味わったほか、中心都市ゴリ、西部のクタイシとその空港、黒海沿岸にも訪問した。彼らはそこで新しい深海港プロジェクトを知りました。

クタイシ国際空港に集まった国際メディアの代表者たち。写真提供:ジョージア・ユナイテッド・エアポート

ジョージアの経済と観光の可能性に関する記事、ストーリー、ブログを準備するゲストたちは、黒海の都市ポティとバトゥミ、そしてジョージアと占領下の行政境界にあるエングリ水力発電所も訪問する予定だ。アブハジア地方。

デモクラシー・ニュース・ライブ編集者のロヒット・ガンジー氏は、トビリシ・シルクロード・フォーラムはさまざまな国に「素晴らしい機会」をもたらしたと述べ、ジョージアの「非常に良い立地」を強調し、この国は「人々、自然、料理によって際立っている」と付け加えた。そしてジョージアは世界中で人気の観光地だと思います。」

トビリシは木曜日と金曜日に第4回シルクロードフォーラムを主催し、政府と民間部門の60カ国から2,000人を超える代表者と訪問者がイベントに参加した。