State Security Service が米国 DITRA 対応のモバイル監視システム統合サービス センターを開設

Agenda.ge

移動監視システムの統合およびサービスセンターが、米国国防脅威削減局の支援を受けて、国家安全保障局の運用技術局に開設されたと、同局は日曜日に発表しました。

オープニング イベントで、ジョージアの運用技術機関の局長である Koba Kobidze 氏は聴衆に向けて演説し、センターの開設は、ジョージアと米国の間で「動的に」発展している協力の「もう 1 つの」証拠であると述べ、センターが利益をもたらすことを指摘しました。国家および国境警備における防止および対応能力の開発と改善。

米国のミッション副首席補佐官 Rian Harker Harris によると、国境警備は非常に重要な要素であり、有害な技術や脅威アクターなどの脅威への対応と防止を確実にしています。

写真:国家安全保障局

このイベントには、ジョージア作戦技術庁、米国大使館、米国 DTRA、ジョージア国防省の代表者、内務省特別任務局、ジョージア国境警察が出席しました。

サービスは、新しいセンターは、国​​家安全保障、コンポーネントのメンテナンス、およびソフトウェアのデバッグに関与する機関向けのモバイル監視システムを組み立てることを目的としており、サービスセンターには最新のエンジニアリングおよび技術設備が「完全に装備されている」と述べました。

ジョージアの運用技術庁と米国の DTRA は、2016 年以来、ジョージアの国家および国境警備の分野で情報技術能力を開発するために協力してきました。