欧州人権条約に基づいて違反を調査する権限を与えられた特別捜査局

Agenda.ge

ジョージア州の特別捜査局は、欧州人権条約として知られる人権および基本的自由の保護に関する条約の違反を捜査する権限を与えられたと、同局のコカ・カツィタゼ委員長が月曜議会の法務委員会で述べた。

同当局者は、ジョージアに欧州連合加盟候補資格を付与するために昨年欧州委員会が概説した12項目の条件の一部として同国の立法機関による具体的な修正が行われたと述べ、改革課題の4番目の条件が行動を推奨していると指摘した。彼の奉仕をさらに強化するために。

カツィタゼ氏は、政府機関の書面による見解を検討した後に採用された変更を賞賛し、この変更が国に「公務員による暴力犯罪を独立した捜査機構の対象とする積極的義務を首尾よく履行する機会」を与えたと強調した。

同氏は詳細を明らかにし、法執行官による証拠隠滅、不法拘禁、公権力の乱用と偽造の疑いのほか、法執行機関が犯したとされる選挙違反の疑惑についても捜査することが許可されていると述べた。

議会の法務委員会で自身の代理店の2022年の活動に関する報告書を提出するカツィタゼ氏。

カツィタゼ氏はさらに、受刑者からの苦情に「タイムリーかつ効果的に」対応できるよう、従業員には「特別な許可なしに、妨げられることなく」刑務所に入る権利が与えられていると述べた。

同当局者はまた、同庁が2021年3月の設立以来、国民の苦情に基づいて全国の3,500人以上の法執行官に事情聴取を行っており、その中には前機関が記録した「数百件の事件」も含まれていると強調した。

同庁はすべての事件と違反容疑に対応しており、これが特捜部の重要な役割である犯罪予防につながっている」と指摘した。

同高官は内務省との協力について、被害者とされる261人のうち25%が法執行官による拘留中に不当かつ過剰な身体的暴力の行使を主張したことを指摘し、内務省が同機関への勧告案を作成したと述べた。

勧告では同省に対し、逮捕や拘置施設への移送に直接従事する職員の再訓練、ボディカメラの使用の増加と要求された録画提供の時間制限の短縮、手錠の基準の規制などを求めた。

カツィタゼ氏はまた、特別捜査局に対する同庁の勧告が、法医学検査機関における容疑者や有罪判決者の監督の改善と、自殺傾向にある容疑者や有罪判決者を特定して死亡者数を減らすことを目的とした自殺予防プログラムの改善を求めていることにも言及した。

特別捜査局と個人情報保護局は、与党ジョージアン・ドリーム党が「個人データ保護をさらに強化し、容疑者のより効果的な捜査を確保する」ことを目的として、2021年12月に廃止を提案するまで、2つの局の責任を統合していた国家監察局に代わって設置された。職権乱用事件」。