与党Sec Gen:政府のEU統合への取り組みは「誰の目にも見える」

Agenda.ge

Kakha Kaladze, the Mayor of Tbilisi and the Secretary Genera…

トビリシ市長で与党ジョージアの夢党の事務局長であるカハ・カラゼ氏は水曜日、同国の欧州統合を確実にするために政府が行った努力は「目に見えるものであり、誰もがこれをよく知っている」と述べた。

今週のイラクリ・ガリバシヴィリ首相のブリュッセル訪問に関する発言の中で、カラゼは、欧州統合の道筋で政府が取った「積極的な措置」を認める「明確な声明」がなされたと指摘した。

「ジョージア首相のブリュッセルへの重要な訪問に応えたいと思います。そこでは、欧州理事会とNATO本部の両方で非常に興味深い会議が開催されました。ジョージアがヨーロッパ統合の道を歩んできた進歩と前向きなステップについての明確な声明を聞いた」とカラゼは言った。

欧州統合に関してジョージアが行った努力は目に見えるものであり、誰もがこれをよく知っています。私は何度も言いましたが、繰り返しますが、私たちは確かに [2022 年に] [EU 加盟] 候補の地位に値するものでしたが、[それを受け取るために] 実行する 12 項目の計画を与えられました。この方向に向けてすべての措置が講じられるよう、あらゆる手段を講じている」と与党関係者は述べた。

ブリュッセルでの会議で、ガリバシュビルは、欧州理事会の議長であるシャルル・ミシェルに、候補者の地位に関するEUの勧告を満たすために彼の政府が行った努力について知らせました。

首相は、国が年末にステータスを取得することの重要性を強調し、目的に対する「ほとんどの勧告」が実施されたことを指摘し、ジョージアは結果に「値する」と主張した。