与党関係者、「過激派」グループに「国に無秩序をもたらす」ことに対して警告

Agenda.ge

Kakha Kaladze, the Mayor of Tbilisi and the Secretary Genera…

トビリシ市長で与党ジョージアの夢党の幹事長であるカハ・カラゼ氏は木曜日、政府は「国内に無秩序を持ち込む」という国内反政府勢力の一部による疑惑の取り組みから「国と国民を守る」と述べた。 ”。

[国内の]過激派には何をすべきか、どのように行動するかについて具体的な指示が与えられており、国内外の特定のグループが国内に混乱を引き起こし、あらゆる手段を使って政府を転覆させようとしている」とカラゼ氏は述べた。と主張した。

「私たちは国を、国民を、そしてこの国の未来を守ります。これらの人々は、同じ(投獄された元大統領)サーカシビリ氏の声明、武器(使用)に関する(野党指導者)バシャゼ氏の声明など、これらすべてがジョージア治安局による特定の声明を裏付けるものである」と彼は述べた。同団体は月曜日、この秋に「市民不安」を引き起こし、「ユーロマイダンのシナリオ」を使って同国の政府を転覆させるという、前統一国民運動政府の元当局者らによる計画を暴露したと主張した。

カラゼ氏は国内の「急進的」グループに対し「火遊び」をしていると警告し、「混乱や対立をもたらし、政府転覆を図る機会は誰にも与えられない」と強調した。

この国の政権交代は国民の投票によってのみ行われます。国民は明日誰が政権を握り、誰に国の運命を託すべきかを決めることになる。違法行為を行うと約束した者は必ずそれに応じて対処され、国内外を問わず全員に相応の対応が与えられるだろう」とカラゼ氏は述べた。

同局は声明の中で、元UNM内務副大臣で現在はウクライナ軍事情報部の副長官であるジョルジ・ロルトキパニゼ氏、元治安部隊メンバーのミハイル・バトゥリン氏が関与していたとみられるグループを監視していると述べた。サーカシビリと、進行中のウクライナ戦争で戦うジョージア軍団の司令官マムカ・マムラシビリの詳細。

同局によると、この団体は、ジョージアに加盟候補資格を付与するという欧州連合機関による潜在的に否定的な決定が世間に広まったことを利用して、政府を変えるという最終目標を掲げ、今年の10月から12月の間に計画を立てる予定であると述べた。 「暴力的手段」によって。

また政府転覆計画は「諸外国の調整と財政支援のもと」に実行される予定だと主張した。