与党関係者:EU候補者としての地位はジョージアにとって不可欠であり、その将来

Agenda.ge

Kakha Kaladze, the Secretary General of the ruling Georgian …

与党ジョージア夢党の幹事長でトビリシ市長のカハ・カラゼ氏は土曜日、欧州連合加盟候補資格を得ることが政府だけでなくジョージアと国の将来にとっても不可欠であると述べた。

地元メディアによると、カラゼ氏はジョージア政府がEUの優先課題を達成するために「あらゆることを行っている」と述べ、「残りはEU次第」で政治的決定を下すと付け加えた。

昨年候補者としての地位を与えなかったことはジョージア国民に「大きな失望を引き起こした」と強調し、あらゆる面でジョージアに「著しく」遅れていたモルドバが候補者としての地位を与えられたことを踏まえると、これは「非常に侮辱的だ」と指摘した。

カラゼ氏は、この点でウクライナといかなる比較もしないことを強調し、ウクライナ国民の平和と領土保全を願うとともに、「ウクライナで起きていることにとても心が痛み、ウクライナ国民に同情する」と付け加えた。

政府は(EUの勧告履行に向けて)あらゆる努力をしているが、野党は一歩も踏み出していない」とジョージアン・ドリーム関係者は述べ、国内の反対派はプロセスに参加せず、国の平和と発展に「反対」していると批判した。 EU候補者ステータスの取得について。