与党党首、経済成長により「先進」国との生活水準の差は縮小すると発言

Agenda.ge

Irakli Kobakhidze, the head of the ruling Georgian Dream par…

与党ジョージアの夢党のイラクリ・コバヒゼ党首は月曜日、同国の経済は「絶対的な観点だけでなく、他国と比較しても」成長しており、生活水準における「先進」諸国との格差は縮まっていると述べた。

コバクヒゼ氏はソーシャルメディアへの投稿で、国の発展と国民の生活水準を測るために、ジョージアの国内総生産を一人当たり購買力平価で比較した。

同氏は国際通貨基金の発言を引き合いに出して、ドイツとスウェーデンの人口はジョージアよりも3倍良く、フランスでは約2.5倍、ロシアでは60%、ブルガリアでは50%良いと述べた。

同氏は今日のデータを2012年(与党ジョージアの夢党が政権を握った年)の結果と比較し、ドイツとスウェーデンとの比較は4。5、フランスは4、ロシアは148パーセント、ブルガリアは67だった、と述べた。それぞれパーセント。

EU加盟候補国である北マケドニア、ボスニア、アルバニア、モルドバ、ウクライナに加え、アゼルバイジャン、アルメニアがジョージアの後ろに位置している。 2023年にジョージアは経済指標で30カ国以上を上回り、2012年と比較して110位から79位に順位を上げた」とコバクヒゼ氏は述べた。

同与党党首は、同国の「急速な」経済発展の「主な要因」は「労働組合への加盟ではなく、政府が推進する経済政策」であると述べた。

東欧諸国の経済発展はEU加盟によって加速したとよく言われます。実際、2003 年に欧州連合に加盟した国々を見てみると、世界銀行のデータによると、2003 年から 2023 年にかけて、リトアニア、ラトビア、エストニアの名目経済は 4 倍に成長し、ポーランド、チェコの名目経済は 4 倍に成長したことがわかります。共和国とスロバキアが3回、スロベニアとハンガリーが2回。

しかし、興味深いのは、同じ世界銀行のデータによると、まったく同じ年にジョージアの経済が7。5倍に成長したということです」とコバヒゼ氏は語った。

国際通貨基金によると、同氏は2028年までにジョージア州とEU加盟国の国民の生活水準の差は「さらに縮小する」だろうと述べた。

2028 年には、一人当たり GDP の PPP は 32,000 ドルを超え、大多数の EU 加盟国との差は 2 倍未満になるでしょう。特にイタリアとの遅れは99パーセント、スペインとは86パーセント、ポルトガルとは72パーセント、ギリシャとは48パーセントになるだろう」と述べた。

コバヒゼ氏は、ジョージアには2030年までに欧州先進国との格差を「最小限に」縮め、「貧困を撲滅」し、「高所得国になる」ための「あらゆる資源」があると述べ、「平和の維持」と「目的に沿った効果的な経済政策。