与党党首、ポリティコの記事を受けて元首相の功績を称賛

Agenda.ge

Irakli Kobakhidze, the Chair of the ruling Georgian Dream pa…

与党ジョージアの夢党のイラクリ・コバヒゼ党首は火曜日、元首相で与党ジョージアの夢党の創始者であるビジナ・イワニシビリ氏が「血なまぐさい」「反西側」「反欧州」政権に取って代わられたと主張した。 」 投獄されたミハイル・サーカシビリ元大統領と統一国民運動党が主導するジョージア州での運動。

コバヒゼ氏のコメントは、火曜日にポリティコが掲載した記事に続き、イワニシビリ氏は「彼が設立した与党ジョージアの夢党の糸を引いていることは広く知られている」と主張した。

これに対する返答の中で、同党関係者は、イワニシビリ氏が2011年に政界入りし、1年後の選挙でUNMの「血なまぐさい政権」を交代する前に、「国と国民の利益のために」慈善活動として30億ドルを寄付したと述べた。

2012 年までこの国では血なまぐさい政権が運営され、多くの人々が殺害されたことを覚えているでしょう。恐喝、国民への拷問、非人道的な扱い、ロシアへの領土譲渡、テレビ局の占拠、これが前政権がやったことだ」とコバヒゼ氏は語った。

同氏はまた、イワニシビリ氏が政権を樹立したチームを発足させ、ジョージア州は2014年に初めてEUとの連合協定に署名し、続いてEUとの自由貿易協定、シェンゲン圏内へのビザなし渡航を締結し、現在はEU加盟国の許可が得られようとしていると述べた。 EU加盟候補者のステータス。

どこかの新聞で誰かがお金を払って、ビジナ・イワニシビリが否定的に取り上げられるだろうが、それは何の意味もない」と党首は付け加えた。

コバクヒゼ氏は、イワニシビリ氏によるUNM政府の「打倒」に続いて「西側の基準と価値観と一致する」政府が樹立されたと述べ、ポリティコの記事は「恥ずべきこと」だと述べた。

イワニシビリ氏は2021年、自身の「使命」は「達成された」と述べ、党と政界を去った。