与党党首:NGOとの「重要な」会合はジョージアのEU統合の「すべての議題」を話し合う予定

Agenda.ge

与党ジョージアの夢党のイラクリ・コバヒゼ党首は火曜日、同党が同日後半に予定している国内非政府組織との「重要な」会議では、同国の欧州連合統合に関連する「すべての議題」について話し合う予定だと述べた。

同当局者は報道コメントの中で、この議論にはEU大使や外交団の代表も参加し、ジョージアに加盟候補資格を与えるためにEUが昨年概説した勧告を満たすための政府の取り組みの「詳細な」分析が提示されると述べた。

同氏は、与党議員が各条件の履行に関する報告書を提出し、その後に議論が行われると指摘した。

与党と政府は、6月末までに条件が確実に履行されるよう、実際的な意味で最善を尽くした」とコバヒゼ氏は語った。

ジョージアは、ロシアによるウクライナへの全面侵攻直後の2022年3月3日に正式にEU加盟を申請し、欧州理事会から今年の欧州の視点と、EUの候補資格を獲得するための改革課題を与えられた。

欧州理事会は、条件の履行に関する欧州委員会の10月の報告を受けて、12月にジョージアの候補者としての地位を決定する予定だ。