和解大臣とEUMM長官がロシア占領地域の状況について協議

Agenda.ge

The humanitarian and human rights situation in the Russian-o…

ジョージアのロシア占領地域の人道・人権状況については火曜日、ジョージアの和解・市民平等担当国務大臣のティー・アクフレディアニ氏と、ジョージアの欧州連合監視団の新責任者であるディミトリオス・カラバリス氏との会談で議論された。

アクフレディアニ氏はギリシャ外交官のこのポストへの任命を祝福し、現地の安全と安定を維持するためにジョージア現地に存在する唯一の国際監視ミッションとしてのEUMMの役割を強調した。

同大臣はEUMM長官に対し、アブハジアとツヒンバリの占領地域の住民の社会経済的条件を改善するための平和構想である「より良い未来への一歩」を含む和解と関与の政策に関する「詳細な情報」を提供した(南オセチア)とジョージア州和解・市民平等担当副大臣室が発表した。

当局者らは、占領地域を国のその他の地域から分離する線沿いでジョージア国民が不法に拘束され、占領軍が線沿いに有刺鉄線やその他の人工的な障壁を設置したことを強調した。

彼らはまた、ジュネーブ国際協議と事件予防・対応メカニズム(ジョージア政府と地域の事実上の当局との間の協議を促進するプラットフォーム)の会議の「効率的な実施」の重要性を強調した。

EUMM事務局長は、関与と和解戦略を通じた平和的紛争解決の過程におけるジョージア側の努力は「非常に重要」であると述べ、副大臣に「全面的な支援」を約束した。