警察センターは、2023 年から障害者向けに最大 50 のサービスを提供します。

Agenda.ge

The Ministry of Internal Affairs of Georgia on Saturday anno…

ジョージア内務省は土曜日に、パトロール警察の統合サービスセンターが、2023年から手話で聴覚障害者に最大50のサービスを提供し、保護のための行動計画の任務を遂行すると発表した。障害者の権利。

省によると、センターの検査官は、障害者向けサービスの詳細と手話について訓練を受けており、パトロール警察の管理棟には、障害者のニーズに合わせてエレベーターと触知可能な通路が設置されています。

警察サービスへのアクセスを増やすために、ろう者や難聴者のためのビデオ通話サービスモデルもコールセンターに導入され、手話を使って障害のある人々を支援する検査官がいます。

パトロール部門は、包摂的で平等な環境を作り出すことにより、特別なニーズを持つ人々へのサービスを「絶えず」改善してきたと同省は強調した。