首相は党委員長就任後の「成功した数年間」の勤務に「誇り」を抱く

Agenda.ge

Irakli Garibashvili, the Prime Minister of Georgia who was o…

木曜日に与党ジョージアの夢党の党首に選出されたジョージア首相のイラクリ・ガリバシビリ氏は、2013年から2015年と2021年から2024年まで同国の首相として「成功した数年間の勤務」を「誇りに思っている」と述べた。

トビリシでのGD大会後の報道コメントの中で、同高官は「今、私は自分の経験を活かして党の進歩に貢献する」と強調し、自身の動きは派内の「民主的プロセス」によるものだとした。

同氏はまた、「党内の他の成功した指導者たちに、その能力を証明する機会」を提供する必要性も強調した。

ガリバシビリ氏は、10月の総選挙に向けて「党務により多くの時間を割く」と同時に党の首相候補であるイラクリ・コバヒゼ氏が政府の責任に集中できるようにするために今辞任することを検討した結果、首相職を辞任する決断を下したと述べた。

同氏はまた、月曜日に辞任を発表する前にGD政治評議会と協議したことを認めた。

同高官は自身の新たな役職について、この役職を引き受けることは「重大な栄誉であると同時に重大な責任」であると強調し、「私の政界への旅はこの党内で始まり、この党は私にとって深く大切な政治家ファミリーとなっており、私はこの党と結びついている」と強調した。

同氏は、10月26日に行われる次期議会選挙が「困難な地政学的状況」の中で「非常に重要」であると述べ、「大勝利を確実にするために党の全力を結集し、支持者を動員することが不可欠である。私たちの野心は、憲法上の過半数を達成する。」