首相はアーミーシティ住宅プロジェクトが完了、「同様の」取り組みが予定されていると述べた

Agenda.ge

Georgian Prime Minister Irakli Garibashvili on Monday said A…

ジョージアのイラクリ・ガリバシビリ首相は月曜日、首都トビリシ郊外に新しく建設された地区にジョージア国防軍の隊員に宿泊施設を提供するプロジェクトであるアーミーシティが「完了」したと述べ、「同様の」プロジェクトが計画されることを明らかにした。 「間もなく」発売される予定です。

陸軍都市[プロジェクト]は完了し、今日私たちはこれらの美しいアパートを威厳のある兵士とその家族に厳粛に引き渡します。私たちが始めた別のプロジェクトが完了したことを非常に嬉しく思います[。。。]同様のプロジェクトがすぐに作成される予定です」とガリバシビリ氏は語った。

写真:首相報道室

首相はまた、以前の国防大臣時代を思い出し、当時の目標は軍に「最善を提供する」ことだったと語った。

私たちはすべての問題を段階的に解決し始めました。これには基地の改修、設備の購入が含まれます。主要プロジェクトの 1 つはアーミーシティ プロジェクトの実施でした。建設会社の経営者、工務店の皆様に感謝申し上げます。私たちが兵士たちに前例のない条件を提示したことはご存知でしょう」と彼は言った。

写真:首相報道室

軍人には、政府から50%の自己負担で優遇条件でプロジェクト内の住宅が提供される一方、銀行融資の代わりに無利子の内部支払いを利用することもできた。提供されたアパートの平方メートル当たりの価格は、端までで 200 ドルでした。

写真:首相報道室

ガリバシビリ氏はまた、軍人の功績とその献身を評価する国の責任についてもコメントした。

軍の奉仕はかけがえのないものであり、私たち全員、政府、当局は、皆さんの国への奉仕、献身、英雄的行為が評価されるよう、皆さんのために最善を尽くす義務があります。もう一度、私はあなたの前に、あなたの英雄的な行為の前に頭を下げます。あなたの家族、配偶者、子供たちに感謝したいと思います。もう一度平和と勝利を祈りたい」とガリバシビリさんは語った。

アーミーシティ プロジェクトは 2020 年にマカタ山で開始され、軍人とその家族向けに 1,092 戸のアパートを含む 39 棟の 7 階建て集合住宅の建設が含まれていました。