首相、アルメニア当局者との南コーカサスの和平調停者としてのトビリシの役割を強調

Agenda.ge

Georgian Prime Minister Irakli Garibashvili on Tuesday highl…

ジョージアのイラクリ・ガリバシビリ首相は火曜日、トビリシでのアライク・ハルトゥニャン・アルメニア首相首席補佐官との会談で、平和の重要性と、平和な南コーカサス地域に向けて調停を行う同首相の政府の取り組みを強調した。

政府報道室によると、政府官邸での議論では「友好的かつ近隣」の二国間協力が検討され、戦略的テーマに関するハイレベル対話はジョージアとアルメニアだけでなく地域全体にも利益をもたらす可能性があることが指摘された。

ガリバシビリ首相は、地域の平和と安定を支援する必要性について語り、トビリシは平和と安定の回復を目的とした「あらゆる建設的なプロセス」を支援する用意があると強調した。

ジョージア首相はここ数年、ナゴルノ・カラバフ地域をめぐる長期にわたる紛争の解決を支援するため、アゼルバイジャンとアルメニアの間の仲介者として交渉に関与してきた。

ガリバシビリ氏と米国政府高官フィリップ・リーカー氏は2021年6月、係争地域のアグダム地区にある地雷の地図をアルメニアから受け取る代わりに、アゼルバイジャンがアルメニア人捕虜15人を解放するという協定を仲介した。

この合意では、アゼルバイジャンとジョージアの国境でも捕虜がアルメニアに引き渡され、ジョージア当局も交換に出席することになった。

2022年7月、アルメニアとアゼルバイジャンの外相、アララト・ミルゾヤンとジェイフン・バイラモフがトビリシで初会合を開催し、先月のトビリシ・シルクロード・フォーラムではアルメニアとアゼルバイジャンの首相が地域の平和の重要性について講演した。