首相は経済成長率7。2%、インフレ率0。9%を強調、傷んだブドウに対する農家への補助金を約束

Agenda.ge

Georgian Prime Minister Irakli Garibashvili on Monday said t…

ジョージアのイラクリ・ガリバシビリ首相は月曜日、同国の経済成長率は今年上半期で7。2%に達し、インフレ率は8月には0。9%に低下したと述べた後、被害を受けたブドウに対する補助金を確保することで国東部の農家を支援すると約束した。先週はひょう、強風、大雨が降りました。

毎週開催される政府会議で首相は、政府の「効果的な取り組み」が「継続的な経済成長」を確保したと強調した後、「興味深い取り組みや新たなプロジェクト」を追加するための国家予算の調整を発表し、インフレを規制し低下させる首相の努力を称賛した。 。

政府首脳は、ヨーロッパ、米国、その他の先進国の依然として厳しいインフレと物価を背景とした「大きな成果」に言及し、企業部門の売上高が15%増加したと述べた。第 2 四半期の売上高は 480 億ドル (180 億ドル) でしたが、第 1 四半期と第 2 四半期の売上高は 920 億ドル (350 億ドル) を超えました。

同氏は、この上昇は国内の「予測可能性と透明性」を確保し、企業部門が「安定していて安全だと感じられる」ようにする政府の政策によるものだと強調した。

首相はまた、昨年の観光収入が45億ドルに達したことを強調し、2023年にはさらに多くの収入が見込まれると付け加え、ジョージア州西部のクタイシ空港の乗客の流れは「歴史的最大値」に近づき、政府は観光収入を延長する計画があると付け加えた。滑走路は3。5キロまで。

私たちは間もなく設計[滑走路の作業]を開始します。新しい滑走路と関連インフラは18か月以内に完成する予定だ」と述べた。

首相は、先週の雹、強風、豪雨を受けて、同国東部のワイン生産地であるカヘティ地方の農家への支援を約束し、政府は悪天候で被害を受けた農作物を含むすべてのブドウに対する補助金を確保すると述べた。

同氏は、政府が被害を受けた収穫分も含め、ブドウ1キログラム当たり90テトリス(約0.30ドル)の補助金を割り当てると述べた。

同当局者は、ワイン造り支援の広範な成果を指摘し、10年前の統一国民運動政権下では全国にわずか40軒のブドウ園しかなかったと述べ、この数字をジョージアン・ドリーム当局下の2,500軒と対比させた。

同氏は、以前の当局下ではブドウ畑の面積が2万5,000ヘクタールだったのに対し、現政府の下ではその数字は2倍の5万ヘクタールとなったと付け加えた。

ワイン造りの恩恵について首相は、カヘティ地方は昨年2億7,000万₾2億7,000万₾(1億200万ドル)の収入を得たが、10年前はその数字が最大4,000万₾4,000万(1,500万ドル)だった、と述べた。

同氏は、過去10年間にこの地域の農家やワインメーカーが受け取った総収入は20億₾20億(7億5,200万ドル)を超えていると強調し、この数字はUNM政府の下では2億₾億(7,500万ドル)を超えることはなかったであろうと主張した。