首相:「功績に基づく」決定により、ジョージア国民、政府、国はEU候補者としての地位に値する

Agenda.ge

Georgian Prime Minister Irakli Garibashvili on Saturday said…

ジョージアのイラクリ・ガリバシビリ首相は土曜日、国の功績と功績に基づき、「功績に基づく」決定はジョージアに欧州連合加盟候補の地位を与えることになると述べ、ジョージア国民、政府、国はそれに値すると強調した。

ガリバシビリ氏は、与党ジョージアの夢党が過去30年間、この国とその先祖たちの欧州統合の夢を現実にするために最も多くのことを行ってきたと指摘し、同党が政権獲得後、連合協定に向けた「積極的な取り組み」を開始したと指摘した。ジョージアは2014年に欧州連合と協定を締結し、これにより欧州統合への道を一歩前進させた。

ガリバシビリ氏は、ジョージアは2015年に自国民に対するヨーロッパとのビザなし渡航制度を達成したと述べ、その取り組みを遅らせた前政府を非難し、「彼らが本当に国のヨーロッパ統合とヨーロッパ化を望んでいるのであれば、なぜ始めたのか尋ねている」と述べた。このプロセスは3年遅れています。」

同氏はまた、与党GD統治時代に同国が昨年正式にEU候補資格を申請し、「歴史的な」欧州の視点が認められたことにも言及した。これにより、「我々の居場所はヨーロッパにあると言われている」とし、「現在、我々はすでに象徴的な承認、つまり候補者にこの国に地位を与えることに取り組んでいる」と政府首脳は付け加えた。

同氏は、関連トリオ諸国であるウクライナとモルドバと比較してジョージアが「主導的な立場」にあり、この2国を大きく上回っているのは事実だと述べ、モルドバがロシアに対する国際経済制裁を課さなかったとしても、その渦中にあると強調した。ウクライナ侵攻を受け、ロシアとはビザなし政権を取り、ユーラシアの組織である独立国家共同体の一員でもあったが、この国はそのことで「いかなる批判も受けていない」。モルドバ、ウクライナ、ヨーロッパ全体、そして世界全体の成功を祈りたい。」

NATO任務への参加に関して、ガリバシビリ首相は、ジョージアがイラクとアフガニスタンに1万8000人の軍隊を派遣し、「数百人の英雄的な兵士」が負傷したと述べ、同国は「NATOのために、世界のために命を捧げた」ジョージアの「軍事英雄」32人を失ったと強調した。平和”。

「私たちは目標を設定し、これが欧州と大西洋の統合だと言いました。そして、私たちジョージア人がいつもそうし、自らを犠牲にしているのと同じように、彼らは勇敢に行動しました」とガリバシビリ氏は述べ、「重要な時期には」この国の国際的な友人たちに常にこのことを思い出させると指摘した。 「我々は決して後退しないが、何事にも限界がある」と彼は付け加えた。

首相は、政府がEU勧告の履行に「直ちに」着手したと述べ、「ほぼすべてが非常にタイムリーに履行され」、残りは「おそらく6月末までに」完了すると述べた。

「もし彼ら(欧州パートナー)がこの国(ジョージア)の平和、安定、発展を維持したいと本当に望んでいるのであれば、そして最も重要なことに、二極化を終わらせるという確立された優先事項、第一の義務を果たしたいのであれば、その国は候補者としての地位を獲得すべきである。」ガリバシビリ氏は、国内の急進的な反対派、つまり「反欧州、反国家、反国家勢力」が「嘘と誤った情報」を広めていることを強調し、非難した。