バクーでの国連経済フォーラムで首相:平和維持、経済発展支援 政府の「主な目標」

Agenda.ge

ジョージアのイラクリ・ガリバシビリ首相は金曜日、2019年に開催された中央アジア経済のための国連特別計画の経済フォーラムでのコメントの中で、政府の「主な目標」は「平和を維持し、安定を確保し、経済発展を支援すること」であると述べた。バク。

ガリバシビリ首相は、「地域と世界の安全保障上の課題による不安定」にもかかわらず、自国の政府は「現実的で思慮深い外交政策と健全な経済政策」の結果として目標を達成することができたと述べた。

近年、我が国の経済は10%成長し、2021年と2022年には10%以上成長した」と同氏は述べ、2023年も成長は7%で続き、インフレ率は1%未満だったと付け加えた。

年末には、一人当たり国内総生産は8,000ドル以上になると予想されており、これは過去3年間で2桁となっている。 2024 年には一人当たり GDP は 8,500 ドルを超えるだろう」と彼は述べた。

我が国の外貨準備高は今年7月の歴史的最大値に等しく、失業率と貧困指標は歴史的な低水準まで低下した」とガリバシビリ氏はイベントで語った。

ジョージア首相は、「既存の可能性を最大限に活用する」ことで中央アジア地域との「さらに緊密な」関係に関心を表明した。同氏はまた、近年の動向は「非常に前向き」であると述べた。

ガリバシビリ氏は、ジョージアとアゼルバイジャンの貿易額は昨年16%増加し、今年の最初の10か月間で同じ数字が増加し、貿易額は12億3000万ドルに達したと述べた。

同氏はまた、中央アジアの5カ国すべてとの貿易額が昨年50%増加し、2023年の最初の10カ月で150%増加し、14億ドルに達したと指摘した。

ジョージア当局者は、アゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領から特別ゲストとして招待され、フォーラムで講演した。