国会議長:占領下のアブハジアでのジョージア国民殺害は占領の「深刻さ」を示す

Agenda.ge

ジョージア議会のシャルバ・パプアシビリ議長は日曜日、ロシア占領下のアブハジアのガリ地区でジョージア国民が殺害されたことは、占領の「深刻さ」を示すもう一つの「嘆かわしい事実」であると述べた。

パプアシビリ氏のコメントは、ジョージア国民のテイムル・カルバイア氏が占領下のガリで「理由は不明」で逮捕され、その後地元の民兵から身体的虐待と残忍な暴行を受け、その結果土曜日に死亡したというメディア報道を受けたものである。

同首相は、亡くなった遺族に哀悼の意を表し、今回の事件により「できるだけ早く」占領を終わらせる必要性が改めて強調されたと述べた。

国会議長は、特に世界が人権デーを迎えている今日、この占領はジョージアの領土一体性の侵害であるだけでなく、占領地域の人権の侵害であることを理解することの重要性を強調した。

ジョージアのサロメ・ズラビチビリ大統領は、カルバイア氏の死は「ロシア占領地域における初歩的人権のあからさまな侵害を悲劇的に思い出させるもの」であると述べた。