議会関係者:ロシアはジョージアの占領地域に「アパルトヘイト政権」を樹立

Agenda.ge

Russia has established an “apartheid regime” in Georgia’s oc…

ロシアはジョージアの占領地域に「アパルトヘイト体制」を確立し、ジョージア人の民族差別が続いていると、OSCE議会議会へのジョージア代表団の代表であり、議会の外交委員会の委員長であるニコロズ・サムハラゼは、議会の秋に土曜日に述べた。ワルシャワで会議。

サンハラゼは、差別の事実は欧州人権裁判所と国際刑事裁判所によって確認されており、ジョージアはロシアに対する紛争に勝ったと述べ、ロシア市民は戦争犯罪を犯したとして有罪判決を受けたと議会の報道機関は述べた。言った。

サムハラゼは演説で、エネルギー施設を含むウクライナの民間インフラに対するロシアの爆撃を非難し、ウクライナに「人道的災害」を引き起こすことを目的としていると強調し、ロシアがジョージアの占領地で作成したシナリオと「非常に似ている」と付け加えた。 、最大 250,000 民族のジョージア人が家に帰ることを許可されず、子供たちは地域の民族性の痕跡を消す目的でジョージア語で教育を受けることができませんでした。

委員会の委員長は、ウクライナが国際刑事裁判所でのロシアとの紛争で成功するために、経験の共有を含むジョージアのウクライナへの支援を強調し、ウクライナがICCでロシアに対して訴訟を起こしたことを指摘した。ジョージアの助け。