議会関係者: サーカシビリ元大統領が「強制的にドアを開けさせようとする」試みに関するポーランド下院の決議

Agenda.ge

ジョージア議会の人権委員会のミハイル・サリヴェラゼ委員長は土曜日、投獄されているジョージアの元大統領ミヘイル・サーカシヴィリに関してポーランド下院が採択した決議は、「強制的にドアを開けさせる」試みであると述べた。

Sarjveladzeのコメントは、金曜日にSejmによる決議の可決に続いており、世界のコミュニティにSaakashviliの命と健康を救うよう促しています。委員長は、ポーランド議会がそのような決議を採択した理由を理解できず、ジョージア政府はジョージアの囚人の権利の保護に関して上訴する必要はないと付け加えた。

「サーカシビリが医師に協力せず、その結果、彼の健康状態が複雑になっているという事実は、彼[サーカシビリの]権利のいずれかが侵害されていることを意味するものではありません。 「より多くの情報を収集する」ことなく、問題に関する評価。