議会関係者、EU報告書へのコメントで人権保護における政府の「多大な努力」を強調

Agenda.ge

ジョージア議会人権委員会のミハイル・サルジベラゼ委員長は水曜日、与党ジョージア夢党政府が国内の人権保護制度が「可能な限り円滑」であることを保証するために「多大な」努力を払ったと述べた。

サルジベラゼ氏のコメントは、火曜日に発表された世界の人権と民主主義に関する欧州連合の年次報告書に続くもので、同報告書は「全体として、ジョージアには国際基準と欧州基準に沿った法律や政策を含む強固な人権枠組みがある」と述べた。

これは非常に良いニュースです。ジョージア州の人権保護制度は十分に機能していると評価されています。それは間違いなく肯定的な評価を持っています。これが近年行われた膨大な作業の結果であることは非常に重要です」とサルジベラゼ氏は語った。

議会当局者は、人権記録は前統一国民運動党政権下で「最も失敗した分野」だったと主張した。

[現在の]政府の下では、[。。。]人権保護が可能な限り促進され、[]強化され、システムが円滑になるよう多大な努力が払われてきた」とサルジベラゼ氏は結論付けた。