議会委員会の議長: ジョージアの主権への道、独立は EU、NATO メンバーシップを通じて実行されます

Agenda.ge

ジョージア議会の外交委員会の委員長であるニコロズ・サムハラゼは木曜日、ジョージアの主権と独立を確保するための「唯一の道」は、欧州連合とNATOへの国の加盟を通じて行われたと述べた。

ジョージア議会の報道機関によると、サムハラゼは今週、ジョージア議会の代表団がアイルランドを訪問した際にコメントした。

委員長はコメントの中で、ジョージア政府の対外優先事項、国の「国内政治プロセス」、ジョージアとアイルランドの関係、ウクライナで進行中のロシアの侵略、南コーカサスと黒海地域の安全保障環境を検討した。

今日、ジョージアは根本的な課題に直面しています。ロシアによる占領と治安環境の悪化です。ジョージアが独立を回復して以来、私たちはロシアの標的にされ、ジョージアの領土の 20% を占領し、民族浄化を行った」と彼はアイルランドの同僚に語った。

議会関係者はまた、ロシアが占領地域を通じて「ジョージアに対して日常的にさまざまな形で挑発的な措置を講じており、状況をエスカレートさせたいと考えている」とホスト国に語った。

今日ウクライナで起こっていることは、[ロシア] が何年にもわたってジョージアに対して実行してきた政策の継続です。私たちは、ウクライナおよび地域全体におけるロシアの攻撃的な行動を懸念しています。ジョージアの主権と独立への道は、EU と NATO への加盟によってのみ実現されると信じており、今年、この道で具体的な前進を遂げることを強く望んでいます。」