OSCE/ODIHR、集会での建設物の建設を制限するジョージアの法案に不承認

Agenda.ge

The Organisation for Security and Co-operation in Europe’s O…

欧州安全保障協力機構は今週、与党ジョージアン・ドリームが9月に提案した、集会中の仮設建設の制限を目的とした法案を「不均衡」であり、「萎縮する可能性がある」として不承認とした。平和的集会の自由の権利の行使に影響を与える。」

GDは、9月に反政府勢力が今秋に「暴動」を計画しているとの国家保安局の主張を受けてこの法案を提案し、その法律案では「デモ参加者やその他の個人に脅威を与える」場合、または建造物の設置を禁止する内容となっている。秩序を確保し、機関、組織、その他の施設の活動を確保しようとする警察の取り組みを妨げる。

修正案ではまた、特定の集会やデモに関連しない場合の建築物の設置も禁止しており、地方自治体は集会や表現の自由を確保するためにそれぞれのケースを個別に検討するとしている。

議会は10月5日の第3読会と最終読会でこの法案を承認したが、同月下旬にサロメ・ズラビチビリ大統領が法案の「非民主的」性質を指摘して拒否権を発動した。

ジョージア国選局の要請に基づいて月曜日に発表された意見書の中で、OSCE/ODIHRは、参加者は「自分たちのメッセージを伝えるために、集会中に一時的に建造物を建設するなど、メッセージをどのように伝えたいかを自由に決定すべきである」と述べた。視聴者、またはその他の方法で目的を達成すること。」

同報告書は、場合によっては、一時的なキャンプ場など、抗議活動の特定の方法や形式が「そのメッセージと切り離せない象徴的な重要性」を獲得する可能性があると指摘した。

コメントでは、同機関が法案に挙げられている安全保障上の脅威の現実を評価できなかったとし、潜在的なリスクに基づいて制限を課すことは「不当」になる可能性があると述べた。

これら[制限]は、潜在的なセキュリティ リスクがなくなった後も適用され続ける制限を導入することで、本質的に一時的なセキュリティ リスクの疑い (説明文に示されているように 2023 年 10 月から 12 月まで) に対処しようとしています。検討されている措置」と述べた。

同文書はまた、修正案は、政治的な反対や反対を表明する人々を「間接的に差別」する可能性があると指摘し、「メッセージを伝えるために、一般に仮設の建設を伴う『占拠』形式の表明を利用する傾向が強い可能性がある」と述べた。