10月投票のODIHR選挙監視員が今月招待される – FM候補者

Agenda.ge

Ilia Darchiashvili, the candidate for the post of the Foreig…

ジョージア外務大臣候補のイリア・ダルキアシュヴィリ氏は水曜日、議員に対し、同氏の事務所は安全保障・共同機構の民主制度・人権局から短期および長期のオブザーバーの招待状を送る予定であると述べた。今月10月の総選挙を監視するために欧州で作戦を展開。

同当局者は議会の委員会で演説し、投票のための海外選挙区は「法律と既存の手続きに従って」開設されると述べ、投票への海外国民の参加を「妨げる」という政府の計画とされるものに対する野党の主張を却下した。 「政治的思惑」。

ダルキアシビリ氏は、国境を越えたコミュニティへの遠隔投票を許可するという野党の要求に言及し、それに伴う国内外の「リスク」を強調した。

ジョージア州での遠隔投票にリスクが伴うとすれば、そのリスクは海外ではさらに大きくなるということになる。したがって、海外での遠隔投票を主張する議論には論理的一貫性が欠けている」と強調した。

ダルキアシビリ氏は、10月26日に予定されている選挙について、特に行政の面でこのプロセスが「例外的」なものになると確信していると述べ、政権が引き続き「このプロセスに大きく貢献する準備ができている」と強調した。

私たちは中央選挙管理委員会との緊密な連携を維持しており、選挙の成功を保証するためにこれまでと同様に中央選挙管理委員会を支援することに尽力する」と付け加えた。

同当局者はさらに、最近のトビリシでの領事参加の会議は、領事館とCECとの「実際的な協力」を強調したと指摘した。