国家ワイン庁長官は、カヘティ地方が2023年の収穫の一環として最大8000トンのブドウを加工したと述べた

Agenda.ge

ハーベスト2023の枠組みの中で、東部のワイン生産地であるカヘティ地域では、ルカツィテリ3600トン、サペラヴィ3000トン、その他の品種を含む最大8000トンのブドウがすでに加工されているとジョージア国立ワイン庁のレヴァン・メクズラ会長は述べた。土曜日。

メクズラ氏は、収穫は「ゆっくりと活発な段階に入っている」と述べ、民間部門がブドウの購入に「非常に積極的」であると指摘し、気候条件によって被害を受けたブドウを国も「受け入れる用意ができており」、農家に補助金を出すと強調した。ブドウ1kgに対して90テトリ。

農業省によると、同氏は、ブドウの加工プロセスに関与する収穫調整センターにすでに170社以上のワイン企業が登録されていると付け加えた。

メクズラ氏は、ルカツィテリ品種とカフリ・ムツヴァネ品種のブドウに補助金を与えるという政府の決定も強調し、最大2万5千のワイン生産者と500のワイン生産者に活動を発展させ継続する機会を与えると強調した。