国立銀行委員会、世界情勢が国内経済に与える影響の緩和について議論

Agenda.ge

The Monetary Policy and Financial Stability committees of th…

ジョージア国立銀行の金融政策委員会と金融安定委員会は水曜日に会合を開き、国際金融情勢が国内経済に与える影響の緩和について話し合った。

NBGによると、委員会はカウンターシクリカルバッファーの積み増しを段階的に行う一方、最低外貨準備所要量基準の上限を引き下げることを決定したという。

同機関は、ジョージア州で営業する商業銀行は現在、以下のスケジュールに従って中立的なカウンターシクリカルバッファーを積み立てる必要があると付け加えた。

  • 0.25 percent by March 15, 2024
  • 0.5 percent by March 15, 2025
  • 0.75 percent by March 15, 2026
  • 1 percent by March 15, 2027 

金融政策委員会は、短期外貨負債の準備金基準の上限を25%から20%に引き下げた。この変更により、現地市場に外貨流動性が追加され、バッファー蓄積の柔軟性が向上し、世界的に金融情勢が逼迫している金融セクターへの影響がある程度緩和され、その結果、金融へのアクセスが改善されるだろう」と世銀は述べた。 。

また、国内金融システムは安定を維持し、「中断することなく」経済に信用を供給し続けていると述べた。

2023 年 10 月の時点で、銀行の自己資本比率と流動性比率は健全です […] 現在の信用活動と経済成長の傾向が維持される場合、国内総生産に対する融資の比率は 2024 年に長期トレンドに近づくと予想されます。現段階では、資本カウンターシクリカルバッファーの景気循環要素を変更する必要はない」と機関は述べた。

同世銀は、高水準のドル化によって引き起こされる構造リスクを軽減するため、銀行セクターとの長期計画に向けた「積極的な」取り組みを継続していると付け加えた。