ジュネーブ国際討論会で提起された占領軍によるジョージア国民の殺害

Agenda.ge

The 59th round of Geneva International Discussions, the only…

2008年のロシア・ジョージア紛争の安全保障と人道的影響を取り上げる唯一の国際形式である第59回ジュネーブ国際協議は火曜日と水曜日に行われ、主にロシア支配下の占領軍による先月のジョージア国民タマス・ギントゥリ殺害に焦点が当てられた。

欧州連合の南コーカサスとジョージア危機担当特別代表トイヴォ・クラール氏は、欧州安全保障協力機構、欧州連合、国連の共同議長らとの協議について言及した。ジョージア政府当局者、同国のロシア占領下のアブハジアとツヒンバリ(南オセチア)地域の事実上の当局者、ロシア、米国が事件の再発を防ぐ方法を協議する中、

私たちの側からは、行政境界線近くに住む人々が、逮捕されたり殺されたりするかもしれないという理由で教会や墓地に行くことを恐れることがないような雰囲気をどのように作り出すかを参加者全員が考える必要があることを強調した。」と彼は述べた。 、過去15年間に「不完全さ」があり、「多くの深刻な結果」が得られなかったにも関わらず、このフォーマットの重要性を強調した。

協議後の声明で米国代表は、ロシアがジョージア紛争の「唯一の当事国」であるとして、2008年8月12日の停戦合意を履行し、ジョージア領土から軍隊を撤退させるようロシアに改めて要請した。米国側はまた、ロシアによる協定と国際法の違反が、11月6日のロシア占領下のツヒンバリ地域に隣接するギントゥリさんの殺害につながったと述べた。

会談に出席したジョージアのラシャ・ダルサリア外務次官は報道陣に対し、ロシアがジョージアに海軍基地を配備する計画に言及し、占領地の軍事化は「明白に続いている」一方、ロシアは紛争の一部ではないと主張したと述べた。アブハジアを占領した。

ダルサリア外相は、国際形式の重要性を強調し、ジョージア領土の占領者としてロシアを引用する国際法が紛争解決の「礎石」になると述べ、この問題に関するトビリシの「断固とした立場」を強調し、2016年に政府が勝訴した訴訟に言及した。国際裁判所。