IPRM会議は不法に拘束されたジョージア国民の解放、占領路線に沿った発展を検討

Agenda.ge

ジョージア国家保安局は火曜日、エルグネティで開催された第117回事件予防・対応メカニズム会議では、ロシア占領軍に不法拘束されているジョージア国民の解放とジョージア占領線に沿った開発が焦点となったと発表した。

SSSの代表者らは、2023年11月に占領軍による不法逮捕未遂でジョージア国民タマス・ギントゥリさんを殺害した責任者の処罰を改めて「厳しく要求」した。

IPRMの参加者は、最近の治安事件や拘束、占領地域をジョージアの支配領域から隔てる行政境界線沿いに住む個人の人道問題など、紛争の影響を受けたコミュニティが直面する継続的な課題について議論した。

会議の共同進行役であるジョージア欧州連合監視団長代理のティボル・コズマ氏とOSCE南コーカサス担当議長特別代表のヴィオレル・モシャヌ氏は、安全に焦点を当てる重要性を強調した。紛争の影響を受けた地域社会の代表者らの意見を表明し、ABL沿いの完全な移動の自由を確立するための強い支持を繰り返した。

以前と同様に、共同進行役は参加者に拘留の中止を奨励し、残りの拘留者の釈放を主張した」とEUMMは述べた。

IPRM会議後、SSSの分析部門副部長であるイラクリ・アンタゼ氏は、行政境界線に隣接するジョージアの村々でロシアの支援を受けた軍隊によって行われた違法な「国境設定」活動が2件観察されたと述べた。

会議では、今日ジョージア国民のディミトリ・コリンテリさんとジョルジ・メラゼさん2人が、同国の占領下のツヒンバリ(南オセチア)地域で占領軍によって不法に拘束されたことが指摘されたと付け加えた。

次回の IPRM 会議は 3 月 20 日に開催される予定です。