知的財産機関はジョージア産蜂蜜の輸出が増加していると発表

Agenda.ge

Georgia’s National Intellectual Property Centre on Sunday sa…

ジョージア州国立知的財産センターは日曜日、ジョージア産蜂蜜の輸出が増加したと発表し、2021年の蜂蜜輸出額が40万2,098ドルだったのに対し、2020年は2万9,053ドルだったと指摘した。

サクパテンティとしても知られるこの団体は、ジョージア州で登録されているハチミツは地理的に3種類あり、マチャケラハチミツ、ニノツミンダハチミツ、ムクリハチミツを含むと述べた。

国内のミツバチの巣の数も増加しており、ジョージア東部のカヘティ地域がこの方向のリーダーとなっているとサクパテンティ氏は付け加えた。

紀元前3千年紀に遡る世界最古の蜂蜜は、2003年にジョージア州ボルジョミ地方のサキレ村近くの考古学者によって発見された。考古学的発掘では2つの陶器の容器も発見された。

サクパテンティ氏は、ミツバチ種の進化は、ジョージア州の複雑な気候要素と植物相の生物多様性によって条件付けられ、それらがミツバチに特別な特徴を与え、最終的にジョージアのミツバチ品種を他のミツバチ種とは異なるユニークなものにしたと強調した。

科学的な計算によると、ジョージア州ではミツバチの栄養によって家族の数がさらに増加し​​、養蜂製品の生産の増加と合わせて、多くの農作物の収量が大幅に増加することを意味します」とセンターは述べた。了解しました。

ジョージアのミツバチは、1961年にドイツ、1965年にルーマニア、1971年にモスクワで3回金メダルを受賞した。