政府の主な原則は、国際慣例に沿った「法的に健全な」選挙法を確保することである – 首相

Agenda.ge

ジョージアのイラクリ・コバヒゼ首相は土曜日、政府の「主な原則」は国際慣例に沿った「法的に健全な」選挙法を確保することだと述べた。

金曜日に議会で選挙法草案が採択されたことを受け、第二読会でコバヒゼ氏は、修正により「法的に正しい」法律の制定が確実になったと指摘した。

この法案は、中央選挙委員会の委員長と委員の選出の 3 段階を想定している。最初の投票には立法府で 90 票が必要で、必要な票を獲得できなかった場合には、CEC の代表が 76 票によって選出されることになる。

議会報道局によると、特定の候補者は76票を2回求める控訴する権利があり、76票で選出された候補者は5年の任期内に資格を取得するものとする。

修正案によれば、議会が76票を投じず、すべての段階で候補者を選出できなかった場合、問題は解決のために大統領に委任されることになる。

この法案はまた、反対派の発言をした党員の一人が就くことを意図していたCEC副議長の職を無効にしている。