ドイツのFMは、ジョージア、モルドバ、西バルカン諸国に対するEU加盟の見通しを拡大することの重要性を強調

Agenda.ge

ドイツのアンナレーナ・バーボック外務大臣は土曜日、欧州連合加盟の視点をジョージア、モルドバ、西バルカン諸国にも広げることの重要性を強調した。

カールスルーエで開かれた緑の党会議での演説で、バーボック氏は「欧州にこれ以上(いわゆる)グレーゾーンを残すべきではない」と強調し、ウクライナは「予見可能な将来に」EUを強化すると付け加えた。

欧州委員会は11月8日、ジョージアにEU加盟候補資格を与えるよう欧州理事会に勧告した。同国のEU立候補に関する最終決定は12月に発表される予定だ。

今週初め、与党ジョージアの夢党のイラクリ・コバヒゼ党首は、政府は欧州委員会が定めた優先事項を達成するための「詳細な」行動計画をEUに送付すると述べた。

同氏は「すべて」は「国、欧州統合、法の支配の利益のために」行われると強調した。