ジョージア州与党党首、中国当局者との「詳細な」「生産的な」議論を称賛

Agenda.ge

継続中の中国訪問で同党代表団を率いている与党ジョージアの夢党のイラクリ・コバヒゼ党首は水曜日、中国当局者らとの「生産的」で「実りある」議論を称賛した。

GD報道局は、コバクヒゼ氏の話として、代表団が中国貿易商務省のリン・ジ副大臣と会談し、両国間の貿易・経済協力の側面を取り上げた交流を行ったと述べたと伝えた。

会話はさまざまな分野に及び、さまざまな分野にわたる貿易だけでなく、エネルギー、交通、観光における協力も含まれました。私たちの対話は経済のあらゆる側面をカバーし、詳細かつ実りある議論ができました。大臣に感謝の意を表します」と党関係者は語った。

代表団はまた、中国共産党国際連絡部の劉建潮部長、副部長の孫海燕氏、国務院発展研究センターの張来明副主席、蕭潔副主席とも会談した。全国人民代表大会常務委員会の委員。

月曜日から中国を訪問中の与党代表団には、ジョルジ・ヴォルスキー第一副議会議長、イラクリ・チコバニ副議長、ニコロズ・サムハラゼ外交委員長、ダビット・ソングラシビリ部門経済・経済政策委員会委員長が含まれる。 、農業委員会の委員長であるニノ・ツィロサニと立法機関のスポーツ委員会の第一副委員長であるヴィクトル・サニキゼ。

代表団の訪問は土曜日に終了する予定だ。