ジョージアのNATO大使、完全加盟という「最終目標」を強調

Agenda.ge

Victor Dolidze, the head of the Georgian mission to NATO, on…

ジョージアのNATO代表団長ビクトル・ドリゼ氏は月曜日、同国の「最終目標」は同盟への完全加盟であると述べ、「最終的にどのメカニズムによって決定されるかは、加盟アクションの有無にかかわらずおそらくそれほど重要ではない」と述べた。プラン”。

火曜日にリトアニアの首都ビリニュスで開幕するNATO首脳会議に先立つコメントの中で、ドリゼ氏は黒海地域の現在の政治的・軍事的状況を踏まえ、この会議の重要性を強調した。

私たちの努力の結果、宣言であれコミュニケであれ、最終的な政治的声明は、私たちの将来計画、同盟に対する私たちの願望を正確かつ楽観的に概説することになるでしょう。 NATOがジョージアがNATO加盟国になるという[2008年の]ブカレスト首脳会議での決定に戻るという事実は適切に反映されるだろう」とドリゼ氏は述べた。

「最も重要な[要素]は、領土一体性と主権に関する我々の第一の問題である。ロシアとの関係では、ロシアはジョージアの領土から撤退すべきだということが明確に反映されるだろうと私は確信しています。つまり軍のことだ、彼らは軍事化を止めるべきであると同時に、(占領地の)承認に関する決定を撤回すべきだ」とジョージアの外交官は続けた。

同氏はまた、「ボールはNATOの法廷にあり、我々はこの決定ができ​​るだけ早く下されるのを待っている」として、ジョージアはNATOからの「政治的決定」を必要としていると強調した。

同外交官は、政府が域内の関係者に「我々の最終目標はNATOの完全加盟である」と「常に思い出させてきた」と付け加え、「その日が来ることを願っている」と付け加えた。