ジョージア人は、EU、米国を「最も重要な」政治的、経済的パートナーと見なし、ロシアを「主要な脅威」と見なしている – 世論調査

Agenda.ge

火曜日に国際共和党研究所によって発表された新しい調査では、ジョージア州の回答者の過半数が、欧州連合と米国を国の「最も重要な政治的パートナー」と挙げ、ロシアを「主要な脅威」として強調していることを示しました。

世論調査では、調査対象者の 63% が EU を国の最大の政治的パートナーとして挙げており、米国、ウクライナ、トルコ、アゼルバイジャンがそれに続いています。

また、60% がジョージアの主要な経済パートナーとして EU を選択し、43% が米国を挙げました。

同じ調査で、87%がロシアを国にとって「主要な政治的脅威」と呼び、76%が経済的脅威ももたらすと述べた。

IRIによる画像。

自国が EU に加盟することの望ましさについて尋ねられたとき、89% がその目的を「完全に支持する」または「ある程度支持する」と答え、この数字は最新の世論調査から 4% 増加し、史上最高値に匹敵します。 。

ジョージア人が欧州連合に加盟し、西側の民主主義機関との統合を継続したいと考えていることは明らかです」と、IRI のユーラシア担当シニア ディレクターであるスティーブ ニックスは述べています。 「政府の指導者は、人々が望むものを提供する義務があります」と彼は付け加えました。

IRIによる画像。

調査によると、ジョージア人の 79% が、ロシア国民のジョージアでのビザなし渡航の導入や、同国でのロシア市民による事業の登録や不動産の購入に反対している。

この調査は、IRI の Center for Insights in Survey Research を代表して、公的および市場調査会社である Baltic Surveys/The Gallup Organisation の Rasa Alisauskiene 博士によって 3 月 4 日から 23 日に実施されました。

フィールドワークは、18 歳以上の 1,500 人の回答者との対面インタビューを通じてデータを収集した世論調査およびマーケティング研究所によって実施されました。