ジョージア国家保安局、ウクライナからロシアに輸送中の爆発物を押収

Agenda.ge

The Georgian State Security Service on Monday said it had se…

ジョージア国家保安局は月曜日、ウクライナの都市オデサで発生し、ロシアへの輸送を目的としていたとされる特殊爆発装置数台と「相当量」の爆発物を押収したと発表した。

同庁によると、対テロセンターの専門家らは、車両捜索中にコンテナとして再利用された電気自動車のバッテリー2個を発見し、その中に6個の「特殊爆発装置」が隠されていたと発表した。

捜査チームは機器を安全に取り外して検査に送ったと遺体は述べ、捜査員らはまた、専門家によって荷物の動きを「厳重に監視」しながら、潜入捜査活動の完全性を維持するためにコンテナにモックアップを置いたと付け加えた。センターの。

また、物質の輸送に関与した購入者やその他の共犯者を特定し、爆発物の経路と意図した標的を特定することに取り組んでいると述べた。

同局によると、爆発装置には総重量14キログラムの軍用グレードのC-4プラスチック爆発物が含まれており、電気起爆装置や特殊タイマーで起動できるという。さらに、コンテナには起爆装置 6 個と特別な鍵 6 個が収納されており、各爆発装置は別の箱に収納されていました。電子タイマーは作動するように事前にプログラムされていたと付け加えた。

分析の結果、6台の装置はすべて「巧妙に作られており、広範囲に重大な損害を与え、混雑した地域やインフラに深刻な脅威をもたらす可能性がある」ことが示されたと当局は述べた。

SSSは目撃証言と回収された音声ファイルを引用し、これらの装置と物質はウクライナのオデーサ市で発生し、その後ルーマニア、ブルガリア、トルコを経由して1月19日にジョージアに到着したと主張した。

当初はロシアへの輸送を目的としていたが、後に計画が変更され、その結果、コンテナ1本がジョージアとロシアの国境で阻止され、もう1本がトビリシに残されたと当局は主張した。

同局は、ジョージア国民7人、ウクライナ国民3人、アルメニア国民2人がジョージア国内での機器の密輸と輸送に関与したと発表した。

また、ジョージア系ウクライナ国民で国民奉仕党の元オデーサ・キエフ地区副候補者であるアンドレイ・シャラシゼ氏をこの計画の主催者とされる人物として指名しており、他の人物は内部に隠された装置に気づいていない可能性がある。車のバッテリー。

同機関はまた、トビリシに残された機器がジョージア国内での使用を目的としたものなのか、それともロシアへの輸送を目的としたものなのかを調査することを目的としていると述べた。

事件の詳細と事実状況は、ジョージア内外を問わず、潜在的なテロ行為の責任をジョージア自体に転嫁するために、ジョージア国民の関与とジョージア領土の使用が画策されたのではないかという疑惑を引き起こしている。」代理店が主張した。

SSSは、爆発物や装置の不法購入と保管に関する記事でこの事件を捜査していると述べ、3年から6年の懲役刑が科せられるが、テロ行為準備罪が追加され、刑罰が2000年に引き上げられる可能性があると指摘した。懲役10年から15年。