ジョージア在住者は2023年に280万回海外旅行、トルコ、アルメニアが上位目的地に – 統計局

Agenda.ge

国家統計局は金曜日、ジョージア在住の旅行者は2023年に280万人が国外旅行をし、そのうちのほとんどがトルコへの100万人、アルメニアへの34万9,000人であったと発表した。

次に需要の高い目的地は、EU 加盟国 (14。5%)、ロシア (12。5%)、アゼルバイジャン (1。9%)、その他の州 (12。7%) でした。

同庁によると、ジョージア在住者の旅行数は前年比31。6%増加し、旅行のほとんど(46。5%)は31~50歳の旅行者によるものだという。

昨年、旅行者は海外旅行で 20 億ペソ (7 億 5,300 万ドル) を支出しました。これは前年比 11。5% 増加です。訪問の平均支出は 15。9% 減少し、906。7 ₾ (341。54 ドル) に達しました。

ジョージア州住民は買い物に最も多くの金額を費やし(8億5,330万ドル)、これが海外旅行の主な理由でもある。同庁によると、目的は海外訪問が35。4%を占め、次いで友人や親戚への訪問(32。3%)、出張(14。1%)、休暇(12。5%)、医療(2。9%)となっている。

Other most cited reasons for visiting other countries included:

画像: ジオスタット

昨年の海外旅行の平均宿泊数は6。5泊で、2022年(6。1泊)より7。1%増加した。

同庁はまた、海外旅行の97。2%が再訪問だったと述べた。