ジョージア鉄道代表団がアンカラの中部回廊総会に出席

Agenda.ge

A delegation from Georgian Railway attended the general meet…

ジョージア鉄道の代表団は、アンカラで中国とヨーロッパ間のサプライチェーンと物流を接続することを目的とした、中間回廊としても知られるカスピ海横断国際輸送ルートの総会に出席した。

ジョージア代表団はまた、他の中部回廊諸国、国際機関の専門家、荷主、トルコのビジネス部門の代表らとともにラウンドテーブル形式で参加し、カスピ海横断ルートの課題と展望について議論した。

写真はジョージア鉄道経由

ジョージア鉄道によると、中部回廊諸国の鉄道行政、港湾インフラ、海運会社の責任者は、2023年に実施された活動の報告書を提出し、2024年の計画を検討した。

アンカラ訪問の枠組みの中で、ジョージア代表団は、ジョージア、アゼルバイジャン、カザフスタンの鉄道によって設立された合弁会社、ミドル・コリドー・マルチモーダルLTDの第1回経営総会に出席した。

会議では、今後数か月以内に新しく設立された会社が実施する組織活動および運営活動について議論されました。