ジョージア首相がビジョンを掲げ、COP28で気候回復力に関する緊急の世界的行動を呼びかけ

Agenda.ge

Georgian Prime Minister Irakli Garibashvili on Saturday rais…

ジョージアのイラクリ・ガリバシビリ首相は土曜日、ドバイで開催された第28回国連気候変動会議での演説でビジョンを掲げ、世界的な気候危機に取り組むための集団的努力の必要性を強調した。

首相はイベントを主催したアラブ首長国連邦のシェイク・モハメド・ビン・ザイード・アル・ナヒヤーン大統領に感謝の意を表し、同国を「技術革新、近代化、気候変動に対する取り組みの世界的な模範」と称賛した。

ジョージア政府首脳は、増大する気候変動の影響に対処し、世界規模で気候回復力の取り組みを進める緊急性を強調した。同氏は、パリ協定に沿って2030年までに世界の排出量を半減すること、損害賠償基金への一貫した拠出、気候適応という世界目標を達成するための枠組みの導入など、ガリバシビリ氏が維持すべきと主張する主要な国際的取り組みについて概説した。

同氏はまた、気候変動資金への年間1,000億ドルの約束を遵守することと、適応のための気候変動対策資金を倍増させることの重要性を強調した。

気候危機への取り組みに対するジョージア州の取り組みを強調し、首相は今年、州予算から気候緩和と適応策に5億ドル以上が割り当てられていることを明らかにした。同氏はまた、国家インフラ開発には低炭素対策と気候適応策が組み込まれており、その額は年間3億ドルを超えていると指摘した。

首相は発言の中で、欧州を実質ゼロ排出バランスを達成する最初の大陸にするというビジョンを支持し、首相が2050年までの「カーボンニュートラル」を目指して長期的な低排出開発戦略を採用していることを強調した。

ジョージア州はまた、2025 年に新たでより野心的な国家決定拠出金を提示することを約束します。ジョージア州の電力の最大 85% が再生可能エネルギーによるものであることを嬉しく思います」と同氏は述べ、「ただし、再生可能エネルギーのシェアをさらに高めることは重要である」と付け加えたエネルギーは引き続き私たちにとって戦略的優先事項であり、ジョージアがCOP28の世界再生可能エネルギーとエネルギー効率の誓約に参加することを発表できることを嬉しく思います。」

COP28議長国のビジョンを支持し、ガリバシビリ氏は、衰えることのない化石燃料の公平な段階的廃止を伴う、2030年までに再生可能エネルギーを3倍にし、エネルギー効率を2倍にするという約束を求め、サミットが「意味のある成果」を確実なものにすることへの期待を表明した。