コペンハーゲンでのNATO PA年次総会に参加するジョージア国会議員団

Agenda.ge

The Georgian parliamentary delegation, led by Irakli Beraia,…

イラクリ・ベライア国防安全保障委員会委員長率いるジョージア議会代表団は、コペンハーゲンで開催される第69回NATO年次総会に参加している。

土曜日から月曜日まで開催されるこの会合では、現在進行中のロシア・ウクライナ戦争とそれがユーロ・大西洋空間の安全保障に及ぼす影響など、世界の安全保障について議論する。議会報道局は、同盟の門戸開放政策も他の重要な問題の中で議論の対象となるだろうと述べた。

ベライア外相は、「重要な議会の綱領」に参加することの重要性を強調し、NATO PAがジョージアの主権と領土一体性、さらには欧州・大西洋と欧州の統合、同国の安全保障のさらなる強化に対して常に「揺るぎない」支持を表明していると指摘した。防御力と回復力。

私たちのパートナーは、欧州大西洋空間の安全保障におけるジョージアの計り知れない役割をよく理解しており、(同盟との)互換性と全体としての欧州大西洋統合のプロセスにおいてジョージアが達成した目覚ましい進歩を認識しており、ジョージアの地位は次のとおりであることに留意する。 NATOでは」とベライア氏は強調した。

「我々の主な任務は、ジョージアのNATOへの統合が緊急に必要であること、この方向での政治的決定を加速する必要があることをNATO同盟国に明確に示すことである[。。。]ジョージアは同盟に参加するためのすべての基準を満たしており、準備は整っている」 NATOに長期的に加盟することになる」と議会関係者は述べた。

同氏は、代表団がジョージアの安全保障上の課題、ロシア占領の影響、占領国に対する「圧力を強化する必要性」について話し合うことを強調した。