ジョージア国会議長、すべての寄付者に人権侵害者への資金提供を控えるよう要請

Agenda.ge

Georgian Parliament Speaker Shalva Papuashvili on Saturday u…

ジョージア議会のシャルバ・パプアシュビリ議長は土曜日、同国のすべての国際寄付者に対し、自分たちの資金が人権における共通の価値観と一致していることを「積極的に確保」し、外国資金の透明性に関する法律が整備されていない中、社会の急進化を助長するプロジェクトや個人への支援を避けるよう要請した。

ジョージアがクリスマスを祝う日と前後して、政党関係者によってトビリシのホーリー・トリニティ大聖堂に寄贈されたロシアの聖マトロナの聖像にソ連の独裁者ヨシフ・スターリンが描かれている画像をめぐる論争後の記者会見で、パプアシビリは、急進的な反対派は次のようなものだと述べた。市民活動家とメディアによる正教会への「組織的な攻撃」に関与している。

独立したジョージアの歴史で初めて、私たちは教会の聖像が冒涜されるのを目撃しました。ソビエト帝国の崩壊後、初めてクリスマスのお祝いのために正教会の会衆が嫌がらせの対象となった」とパプアシュビリは述べた。

同氏は、国選弁護団の下で活動しているとされる寛容センター所長のベカ・ミンディアシビリ氏が「宗教的寛容を促進するのではなく、宗教的理由で攻撃するキャンペーンを組織した」ことに参加したことを非難した。

パプアシビリ氏は、国選弁護人レヴァン・イオセリアーニ氏が寛容センターは彼の事務所の構成単位ではないと明らかにしたと述べた。国会議長は、同センターによる憲法上の団体である公的弁護人の名称の流用を批判し、「国民を誤解させ、非政府組織を国家機関のように見せかけている」と付け加えた。

同氏はさらに、トレランス・センターは米国国際開発庁が資金提供した別個のプロジェクトであると説明し、USAIDに対し「問題を解明し、米国人とジョージア人双方の最善の利益のために行動する」よう求めた。

国会議長はまた、NGOソビエト過去研究所の代表であり、野党ヨーロッパ・ジョージア党のメンバーであるジョルジ・カンデラキが、トリニティ大聖堂の聖像に関連して「ヒステリーを引き起こしている」という事実について懸念を表明した。