ジョージア国会議長とIFRI所長がEU統合について語る

Agenda.ge

Georgia’s progress on the fulfilment of the European Union c…

ジョージアに加盟候補者としての地位を与えるための欧州連合条件の履行に関するジョージアの進捗状況と、その履行における議会の役割について、土曜日、ジョージア国会議長のシャルバ・パプアシュビリ氏とフランス国際関係研究所所長のトーマス・ゴマート氏が議論した。

議会報道局によると、パプアシビリ大統領は、北大西洋条約機構への加盟を目指すジョージアの熱望を強調し、地域の安全と安定の確保に対する同国の貢献は「計り知れない」と指摘した。

この地域における既存の課題や課題も双方によって検討され、地域の平和と安定を確保するために二国間協力を深める必要性が強調されたが、これはコーカサス地域だけでなく欧州の安全保障にとっても重要である。