ジョージア国会議長、EUのEaP大使との「実りある交流」を強調

Agenda.ge

Georgian Parliament Speaker Shalva Papuashvili on Tuesday hi…

ジョージア議会のシャルバ・パプアシビリ議長は火曜日、代表団のジョージア訪問中、東部パートナーシップ・プログラムに関する欧州連合および加盟国の特別代表との「実りある交流」を強調した。

パプアシビリ氏はソーシャルメディアへの投稿で、代表団の訪問は同国にとって「支援と激励の重要なシグナル」であると強調した。

パプアシビリ大統領は、火曜日の会議では、同国に欧州連合加盟候補資格を付与するために欧州委員会が概説した12の勧告履行における同国の進捗状況と、それを受け取ることに対する政府の期待について話し合ったと述べた。

同氏は、EUはジョージアが地位ではなく欧州の視点のみを与えられていた前年の「不透明な歩みを明確にする」ことで、EU加盟への道におけるジョージアの更なる前進を支援することで「戦略的決断」をすべきだと述べた。と述べ、この決定は「国だけでなく地域全体にとっても」重要になると述べた。

議長は、この議論では、地域の連結性と安全保障を促進する取り組みとしての東部パートナーシップの将来や、黒海地域とジョージアのロシア占領地域であるアブハジアおよびツヒンバリ(南オセチア)地域の安全保障上の課題も取り上げられたと述べた。占領の「マイナスの結果」も同様です。