ジョージア政府はキエフとは異なり「ウクライナに対して誠実」ではない – 国会議長

Agenda.ge

Shalva Papuashvili, the Georgian Parliament Speaker, on Frid…

ジョージア国会議長のシャルバ・パプアシビリ氏は金曜日、同国政府は昨年のロシアによる侵攻の「前も後も」ウクライナに対して「誠実」であったと述べ、その態度がキエフに反映されていなかったと非難し、非難した。 「避難」はジョージア当局者を求めていた。

このコメントは、ジョージア政府が「モスクワの指示に基づいて」拘留中のミハイル・サーカシビリ元ジョージア大統領(現在ウクライナ国籍を保有)を「殺害」したことについて月曜日にウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領が主張したことを受けて出されたものである。

ゼレンスキー大統領は、サーカシビリ氏のウクライナへの移送に向けた協議を行うため、ジョージア大使をトビリシに送り返すと発表した際に、このような主張を行った。

パプアシビリ氏は、ウクライナ侵攻でクレムリンに課せられた制裁をロシアが回避するのを阻止するというジョージアの取り組みと、政権交代後にサーカシビリ氏を含むジョージア当局者らの希望を「保護しただけでなく促進した」と述べたウクライナ当局の政策を対比させた。 2012年にジョージア州で。

サーカシビリ氏は、2021年10月に帰国後トビリシで逮捕されるまで、ウクライナ国家改革評議会の執行委員長を務めていた。

国会議長はまた、現在ウクライナ検事総長上級顧問を務めるジョージア州の元検事総長兼法務大臣で指名手配されているズラブ・アデイシュヴィリ氏と、元法執行官でウクライナカウンター副長官を務めるギア・ロルトキパニゼ氏にも言及した。 -諜報機関だがジョージア州でも指名手配されている。

パプアシビリは、ロルトキパニゼ氏が「不安を引き起こし」、2021年に「国内の路上で流血と戦車の発生」を許すため、8年ぶりにサーカシビリ氏のジョージアへの極秘帰国を保証したと主張した。