ジョージアFMとEU当局者が統合と改革を検討

Agenda.ge

The European Union’s enlargement agenda was discussed on Mon…

欧州連合拡大の議題は月曜日、ジョージアのイリア・ダルキアシヴィリ外相と欧州理事会議長首席外交政策顧問のシモン・モルデュー氏との会談で議論された。

外務省によると、ダルキアシビリ氏はジョージア政府が実施した改革の「成功した」議題についてモルドゥ氏に伝えた。

この会議ではまた、欧州委員会が加盟候補者としての地位を与えるために定めた勧告を実施するためのジョージア政府の行動計画にも焦点が当てられた。

会合では、同国が候補者としての地位を与えられるのに「ふさわしい」と述べ、これは欧州委員会の関連勧告によっても確認されており、当局者らは欧州理事会がジョージアのEU加盟プロセスを動かす決定を下すことへの期待を表明した。次のステージへ。

当局者らはまた、ジョージアのロシア占領地域の現状を検討し、ダルキアシビリ首相は、同国の主権と領土一体性への支援、同国の紛争の平和的解決プロセスへの関与に対してEUに感謝の意を表した。地上の安全を確保するプロセスに貢献します。

同氏はまた、欧州委員会のEU近隣政策・拡大交渉総局のゲルト・ヤン・コープマン事務局長とジョージア政府とEUとの間で進行中の協議についても検討した。

当局者らは、欧州理事会が今週ジョージアに加盟候補資格を与える決定を下すことへの期待を表明した。