ジョージアは 2022 年に 8 億ドルに相当する 60 のエネルギー投資協定に調印した – 副経済大臣

Agenda.ge

Romeo Mikautadze, the Georgian First Deputy Minister of Econ…

ジョージアの経済と持続可能な開発の第一副大臣であるロメオ・ミカウタゼ氏は木曜日、彼の事務所は昨年、地元のエネルギー生成に年間20億kWh以上を追加すると予想される8億ドル相当の投資家と60件の契約を結んだと述べた。

ジョージア再生可能エネルギー開発協会が主催する「国際金融機関からの再生可能発電所への資金調達」と題するトビリシの会議で演説した同当局者は、過去 10 年間に数十の新しい水力発電所が国内に建設されたことにも言及した。

彼は、このイベントに参加した公共部門、民間部門、および国際金融機関の代表者に、2022 年から 2023 年の間にだけで 12 基の HPP が稼働し、総設備容量は 30 MW を超えると語った。

ミカウタゼ氏はまた、政府はグリーンエネルギー部門を刺激するための法的枠組みを開発中であり、同省は「新しい市場志向の支援スキーム」の導入を支援するための最新の指令も実施していると述べた。

同当局者は、国家総合エネルギー・気候計画に言及し、最終消費における再生可能エネルギーの割合は2030年までに27。4%に達すると予想されていると述べた。

ミカウタゼはまた、「競争と市場の原則」に基づいた新しい再生可能エネルギー支援スキームがドナー組織の支援を受けて開発され、水素、バイオガス、バイオマス、地熱などの非伝統的なエネルギー源を含む再生可能エネルギーの容量オークションを提供したことを強調しました。 。

「提案されたサポートスキームは、金融機関との交渉と協力の良い基盤であり、潜在的な投資家が資金を調達するのに役立つと考えています。これは、わが国で再生可能エネルギープロジェクトを実施するために不可欠です」と彼は言いました。