EU制裁特使、ジョージア政府が対ロシア制裁回避を許さないと「確信」

Agenda.ge

欧州連合(EU)制裁特使のデビッド・オサリバン氏は水曜日、過去2日間のジョージア当局との会談で、同国政府が課せられた制裁の回避を許さないと「真剣に」決意していると「確信」したと述べた。ロシアのウクライナ侵攻。

トビリシでの記者会見で、オサリバン氏は会談後の「前向きな印象」を強調し、制裁回避に対して政府がとった措置に「感銘を受けた」と述べた。

同氏は、アメリカ人やイギリス人の同僚らとともに、過去数カ月間にジョージアだけでなく他の数カ国も訪問したと述べ、訪問の目的として「パートナーシップと協力」を挙げた。

EU制裁特使は、ウクライナ人が発見した戦場で発見された38品目の製品に関する制裁回避の問題を同氏と他の制裁当局者が調査中であると述べ、ジョージアがこれらの製品の輸出を規制するために「重大な措置」を講じたと強調し、同国の当局は次のように強調した。金融制裁の回避にも「警戒」している。

同氏は、ジョージア政府が「(同国の領土がロシアに占領されているという)ジョージアの非常に特殊な状況」を理解していると述べ、ジョージア政府がジョージア領土を利用して制裁を回避することを許さない「非常に重大な義務」を負っていることを強調した。

[私たち、EUと、できればいつかEU加盟国になることを望んでいるジョージアには、重要な二国間議題がある[。。。]、それ[制裁の執行]が我が国の障害にならないようにしなければならない。緊密な二国間関係[。。。]、過去2日間に我々が目にしたことがその根拠を与えていないことを嬉しく思います」と彼は付け加えた。

EUはジョージアとロシアの間の「合法的な貿易関係に干渉」することを望んでいない、これはジョージアの企業と政府の問題である、とオサリバン氏はコメントの中で強調した。