経済大臣は、国内の企業の 1% でロシア資本からの「脅威はない」と述べています

Agenda.ge

Georgian Economy Minister Levan Davitashvili on Friday said …

ジョージアのレバン・ダビタシヴィリ経済相は金曜日、ロシアの資本が関与するジョージアを拠点とする企業によるウクライナへの侵略に対して、ロシアに課せられた違法行為や制裁違反の「脅威はない」と述べた。

ダビタシビリ氏は、地元メディアのインタープレスニュースとのインタビューで、ロシア市民が同国で登録した企業は「完全に合法的な企業」であり、ジョージアを通じて「いかなる制裁も回避されていない」と述べた。

絶対に合法的な事業は、ロシア市民によってジョージアに登録されています。私たちの政府は、主要な戦略的パートナーである欧州連合、アメリカ合衆国から、ジョージアがその一部である国際制裁に明確に沿っていることに対して感謝を受けました[。。。] ジョージアを通じて制裁を回避することはありませんでした」とインタビューに語った。

大臣はまた、紛争を背景とした企業のジョージアへの移転は「間違いなく前向きな傾向」であり、そのプロセスが国内経済を「より活性化」させ、「付加価値」を生み出したと指摘した。

「それは私たちに追加の雇用をもたらし、もちろん、経済にとって明らかな利益です」と彼は指摘し、ロシアで事業を行っている国際企業もサービスとオフィスをジョージアに移転していることを強調しました。

「[ジョージアで] 登録されている企業の 1% 強がロシアの資本に関与している。したがって、これは一般的な企業では非常に少量であり、危険をもたらすことはない [。。。] ここで大部分 [ロシアの資本で設立されたビジネスのうち、ロシアからジョージアに移住したジョージア人によって設立されたビジネスが存在する。」

大臣はまた、900,000 の登録企業のうち、約 10,000 の事業体が、紛争の開始を超えてさかのぼる期間に「ロシア市民の一部の参加」を特徴としていたと付け加えた。

彼はまた、ウクライナでの戦争の勃発以来、200,000 人以上がジョージアに入国し、そのうち 60,000 人が国内にとどまり、他の人はトルコとアルメニアに渡ったと指摘した。

「この場合、ジョージアはトランジット [国] として使用された」とダビタシヴィリは述べ、ロシア領からジョージアへの渡航が増加したピークは、同国で発表された軍の動員の時期に発生し、その後「安定した」。